フラット35Sの金利は安い?

住宅ローン金利のフラット35Sとは、省エネルギー性、耐震性などに優れた住宅を取得される場合に、5年または10年にわたって住宅ローン金利を0.3%下げる制度です。ただし、フラット35Sには予算金額があり、予算金額に達する見込みとなった場合は受付を終了になるので、フラット35サイトで確認が必要です。省エネルギー性、耐久性・可変性、耐震性、バリアフリー性の4つのジャンルで技術基準の規定はありますが、購入する不動産会社や建築する建築会社は対象になる商品があれば宣伝をいているでしょう。フラット35Sを選ぶときには金利一覧で比較してしっかりお得な銀行を選ぶようにするのが大事なポイントです。しかし、この条件をクリアーするに当たりこの住宅ローン金利優遇以上の費用は掛かっているでしょうから、上記の技術要件の内容に必要性を感じない人にとってはあまり関係ないかも知れません。住宅ローン金利、特にフラット35金利はしっかりチェックしていないと思わぬ損をすることになるので注意してください。

参考:フラット35金利一覧!2017年3月の最安金利は?【銀行比較】
フラット35の金利を一覧で比較して一番おすすめの銀行がわかるサイトです。住宅ローン探しで頭を悩ませる金利比較がしっかりとしてあって、長期固定金利でお得な銀行がすぐにわかるので、銀行探しをしている方はまずは見てほしいなと思います。