高まる介護福祉士の必要性とは?

高齢化社会の中、介護問題はこれからますます増えていきます。
それに対応する介護スタッフの増員は急務です。
介護の専門家として、介護福祉士という資格があります。
介護福祉士ではなくても介護の仕事はできますが、より専門的な介護の知識を持っているということで募集の際に介護福祉士を指定する施設も多いです。
介護福祉士として実務経験を積むことでケアマネージャーの受験資格を得られることもあり、介護の世界で生きていこうとする人のパスポートといっていいでしょう。
介護福祉士になるには、実務経験を積んでから試験を受ける方法もありますが、専門学校を出るのが一般的です。
入学を希望する学校が介護福祉士の養成課程かどうかをよく確認することが必要です。